2019年に流行しそうなネットビジネス

NO IMAGE

2019年に流行しそうなビジネスとしてはアフィリエイトからメルカリ等転売により稼ぐことが出来るビジネスが流行る傾向にあります。

その理由としては、まずアフィリエイトと転売を比べる必要があり、アフィリエイトには利点としては商品を購入した物を販売するのではなく、自分のホームページやブログなどで紹介して、そのリンクから商品を購入してもらうことで商品の何パーセントかを収入としてもらえます。

そのため、商品を確保する必要性も無く、お店も必要としないのが利点です。ですが問題点としてはその商品を欲しがっている人がいないと売れませんし、商品のアピールが難しいので売れないことです。

その点、メルカリなどで転売をする商品の場合、購入する側は商品を初めから購入するつもりで訪れますので後はその売れ筋の商品をどうにか確保することさえ出来ればビジネスとして成り立ちます。

ただ、商品を仕入れて転売をする方法としては、現在の所では、商品を販売している店舗で複数購入するなどの他、ネットで賞品を確保するなどして商品を仕入れるため、場合によっては商品の価値が上がったり下がったりすると損害を大きく出しやすいという特性がメルカリやアマゾンなどを利用して転売をする場合起きてしまいます。

この点に置いて手はアフィリエイトの方が損害が少なく、アフィリエイトの場合広告の値段が下がってしまっても商品を購入しているわけではありませんので、もらえる報酬が下がることは合っても損をすることはないです。

メルカリやアマゾンの場合、最終的には価格競争や転売している商品の価値が在庫の増加などの他絶版にならなかったという問題が起きた場合、大損をしやすいです。例を上げますと、ゲーム等の産業が良い例でゲーム機には互換機能が搭載された製品が後に出回るとそちらの商品の価値が上がります。

そしてそれ以降の旧式の機械については部品などもなくなりますし価値が低くなるため、新品であっても無価値とされることが多いです。
このように、家電などで後から互換性の高い製品が発売された場合、古い商品は商品価値を失うことが多いのです。

しかし、古い機種にしかできない機能やできないソフトウェアなどがある場合、古いソフトウェアとその機種をセットで販売するなどをすれば価値を高めて売ることが出来ますので必ずしも、古いからといってすぐに無価値になる問い分けではなく、古いからこそ出来る物があればそれと一緒にセットで販売することで価値を高めることが出来るのはメルカリなどの転売です。