情報商材の販売とプログラミングはどちらがおすすめ?

NO IMAGE

副業としてやる場合、情報商材の販売とプログラミングはどちらがおすすめなのでしょうか?まず、情報商材の販売からです。
まず、メリットとして挙げられるのが、「圧倒的に高収入になれる可能性がある」というものです。

情報商材は、一つあたりの単価が非常に高額な事で有名ですよね。
一つの商材につき10万の価格がしたりします。本当に高額です。
そのため、仮にこの商材一つが10人に売れたとしたら、それだけで100万の利益です。

原価はほとんどかかっていない事が多いですよね。「情報を売る」というわけですから。そのため、これがもう全て利益として入ってくる。
正直言って、「チートビジネス」です。

年収で1億とか、場合によっては10億とかも可能になるほdのビジネスです。
しかも、一度収入を安定的に稼ぐことが出来れば、自動化する事も可能で、不労所得に稼ぐ事もできるという欠点が見当たらないようなビジネスモデルです。

他にもメリットは存在します。
情報商材を販売している人には、全員ではないですが、「好き」を仕事にしている人もいます。
例えば、楽器系の情報商材の販売であれば、好きを仕事にできますよね。
好きを仕事にして、そしてその好きの情報発信をして、その好きによって莫大な利益を得る。情報商材の販売は、本当に稼ぎやすいビジネスモデルの一つだとおもいます。

スキルがつくプログラミング。将来にもいかせます。

一方で、プログラミングはどうなのでしょうか?
プログラミングの副業も、メリットはあります。
まず、一つに挙げられるのは、その安定感でしょう。

一度その技術を身につければ、それ以降は継続的に、安定的に副収入を得ていく事が可能になります。
情報商材の販売はどうかというと、仕組み化をすると安定的に稼げるのですが、仕組み化というのが意外にハードルが高く、そこまでは確実性があるとは言えません。

他にもメリットは存在し、プログラミング言語を習得できれば、他の様々な分野に応用できます。特にブログとは相性が良いかと思います。
では、どちらがおすすめなのでしょうか?

まず、高収入なものが良い場合は、情報商材の販売の方が向いています。
情報商材の販売では、本当に年収1億とか狙えるからですね。プログラミングでは中々厳しいかと思います。

しかし、より確実に稼ぎたいというのであれば、それはプログラミングの副業がおすすめです。
勉強さえすれば、確実に稼ぐ事ができるようになります。